スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報

今朝、母のお兄さんが亡くなったと電話がありました。
数日前に、母の妹であるおばちゃんから、父に連絡があったので、
少しでも回復しますようにと願っていましたが…

最後に会ったのは、母が生きている時です。いとこに子供が生まれ、
おじちゃんにとっては初孫で、めっちゃ可愛がっていました。
「ずっと抱っこしていると、腕がもうだるい…」と言いながらも、
他の人に抱っこさせないほどの、可愛がりぶりでした。

数年ぶりに会う私が、お肉が好きだと聞いていて、わざわざお庭で
焼肉をしてくれました。食べきれないほどのお肉を用意して
くれていました。
淡々とした口調だけど、とても優しかったおじちゃん。

母も久々の実家で、本当に楽しそうでした。
今でも鮮明に、蘇ります。




本来ならばすぐに飛んでいくべきところ…
三人とも仕事があり、特に私が、2ヶ月休んでいたことで、
生活費だけでなく、年金や保険まで父に負担をかけて
しまっていて…情けない話です。


弔電の文章だけでもと思い、資料を見ながら私が気持ちを
こめて考えました。


母に続き、我が子に先立たれたおばあちゃん、
お姉さんとお兄さんを失ったおばちゃん…

とても心配です。

でも母を失った私のように、周りに家族が居て、
心配してくれる、助けてくれる人が居て、
時間とともに、少しずつ少しずつ、心の痛みを
和らげてくれると思います。



昔、子供だったころ、生と死という事が
よくわからず、自分の家族や親戚、友達は
絶対に80歳くらいまではどこにも行かないと
思っていました。

大人になって、理解は出来たものの、
やっぱり身近な人は居なくならないという
気持ちが大きくて、母を突然失った時、
それが一気に砕けてしまいました。


でも私は食べます、生きています。


失敗ばかりで、弱音はいて、もうだめだと
何度も思いますが、やっぱり起き上がって
生きていくのです。



父を失った、いとこも、奥さんと子供さんと、
そうやって生きていって欲しいです。


大好きなおじちゃんのご冥福を、心からお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
プロフィール

ぱきら

Author:ぱきら


色々あるけど、
楽しい事も
たくさんあるね。

カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
現在の時間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。